2007年12月アーカイブ

バッテリー交換

クルマが故障するのは雨の降る夜中交通量の少ない山中と決まってるものだが。 
高速道路を降りて親戚の家まで歩いて10分のところでバッテリーが昇天。 
兆候が無くは無かったのだが、止まる数分前の交差点ではライトの光度が落ち始め、ライトを落としアイドリングを高めるなどして、あやしたが、ここでエンジンが止まった。 
セルがカチカチと音をたてるのみ。5メートル程押してバス停のくぼ地の後ろにとめる。

4540837_980162480.jpg

同乗者には歩いてもらい、わしはすぐそばのガソリンスタンドに。 
バッテリー一つちょうだい。豆腐を買うように注文。若い衆がバッテリーを運んでくれた。 
しかし懐中電灯が無いとのこと。お兄さんの携帯電話のライトで取り付け。 
仮止めして、始動。元気にセルが回り復活。 
スタンドにクルマを入れて、明るいところでチェック。 
いやー、助かりました。閉店30分前。 
これから80キロ走る。ロスタイム15分ってとこ。 
教訓、まだ大丈夫ではなく、早めの交換を。 
ジェームス・ボンドはバッテリー上がりで困らない。

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。