2004年9月アーカイブ

働きものThinkPad240の不調

堅牢なThinkPadも不調になることもある。エラーコードによるとキーボード周りのトラブル。
いままで働きつづけてきたので、ご苦労さんの気持ちもあるが、なんとかしようかね。

この頃のマシンはいろんな周辺機器とつながるので便利。外付けPS2のキーボードにつないで、キーボードはUSBに。本体よりも2倍以上もある面積を占めるメカニカルキーボードの組み合わせに笑う。小型のHHK(プロじゃなくて安いやつ)に置き換えるも、やっぱりへん。

小ぶりでどこでもコンピュティングがこの機械のいいとこなんだから。

データをVAIOに移して、このThinkPadはどうしたものか検討中。
修理に出すまでもないかな。経済的寿命が尽きたらさっさと次に乗り換えるのがいいのだろうけどね。
サーバーごっこに使ってから考えよう。

熊本城のガイドさんはいいぞの巻

あんまり期待してないときに、思いがけないプレゼントや心配りはうれしい。
熊本城へ行くことになった。
普通にWebで概要を下調べして、まぁこんなもんだろうとあたりをつけて向かった。

kumamoto_c.jpg

駐車場のそばの大きな芝生の広場には、独楽を回す人たちや(肥後ちょん独楽?)、撮影会、散歩、昼寝の人たちなど、いろいろいたよ。地元の人たちが集まってる公園は見ててきもちがいい。

当日はお祭りがあったらしい。伝統的な祭りの衣装ではないような今風の歌舞伎スタイルの若者?が集合しておった。

入場料を払って、門をくぐる。無料ガイドの表示。無料にすぐに反応する。
バスガイドさんというより産業機器の展示会のコンパニオンみたいな服のお姉さんに連れられて城内をゆく。展示内容やパンフレットは、うーん。
かなりの量をこなしているであろう(同じこと何度も話してるんだろうね)ガイドさんの説明は流暢。間の取り方も悪くないね。
忍者のおじさんも飛び出して子供たちを脅かすし、面白い。洗練されてるわけじゃないけど、いい感じ。ホスピタリティーちゅうのかな、もてなすぞのきもちが感じられたぞ。いいね熊本城。


めぐる季節 秋

 あれだけ暑かった夏も、幾つかの台風と、雷と雨のあと、秋に変っている。
折々の花鳥風月にしみじみ感じ入ることもなく、ぼくは鼻水と付き合いが始まる頃だなぁ、アレルギー性の鼻炎も風流だわいなど嘯きながら、甥っ子の運動会を見に行く支度をしてる。

このアーカイブについて

このページには、2004年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年8月です。

次のアーカイブは2004年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。