2004年3月アーカイブ

皿倉山の桜

ちょいと山に登って桜の具合を見に行った。
麓のケーブルカーの駅あたりはきれいに咲き花びらが風に舞う。
上に行くとまだまだ3分ってとこ。
下界で花見がすんだら、山に行くのもいいね。
南側斜面の桜は人も少ないし、お弁当をもって静かに花を愛でるのにいいよ。お勧め。
メジロが桜の花に囲まれて歌ってました。

花見、シャンパン、焼肉

今日は小倉城で花見。風やさしく空に雲なく暖か。花は三分から五分。
花見奉行は、段取り上手。
火を起こし、シャンパンを手配、食べ物の調達を指図し、悠然と本を読んでいるのであった。
ぼくはといえば、ほぼ手ぶらで行ったくせに、肉を食う食う。酒を飲む飲む。
集まった人々とも、しゃべるしゃべる。大いに楽しい時間を過ごす。

犬には、体についた焼肉の匂いだけが土産さ。
散歩の間中、なんだかいい匂いがするんだけど、今日の餌は何かなと期待してる。
すまん、いつものドッグフードだけだ。

愛知の前の万博は?次は?

●あのさぁ、来年万博あるよね。
△んー、あるね。
●そこで、問題です。愛知の万博の一つ前に開かれた万博はどこでしょう?
△知らん。
●人類の進歩と調和は大阪の万博。海老フリャーは名古屋の誇り。2005年の次の万博はどこ?
△そういう広告代理店が儲からない話題は媒体にはのらない。
●気にならない?
△海洋博ってどうだっけ。
●愛知ってどうだったっけにならないように、がんばれ「お金もらう人」。
△大阪ぐらい時間がたつと、臭みと脂が抜けておいしい思い出になるよ。
●そういう自分で思いついたようなふりした半端な考えはどうでもいいから、愛知の前はどこ?
△花博。
●ぶー。
ちっこいクルマのバッテリーが弱くなってきたので、バッテリー強化液でもおまじないに入れておくかと、近所の24時間年中無休のホームセンターに向かう。ここは以前から消費税込みの表示なので気に入ってる。
百円の強化液をつかんでいたが、1,780円税込みのバッテリーを発見。適合表で調べると、使えるじゃないか。キャブクリーナーと潤滑スプレーもつかんでレジにむかう。
それにしてもだよ、ノートPCのバッテリーは高いぞ。モーターサイクルのバッテリーも高いけど、売れてる数が違うじゃないか、ぶつぶつ。
乾電池のサイズに規格を揃えて、能力で競い合って欲しいぞ。

剣道大会は待つのも修行

ひさしぶりに見る剣道の試合は面白い。一試合は2分ぐらいだけど、待ち時間が長い。だからいろいろな試合を見ることができる。栄花直樹選手も日々修行だもの、みんながんばれ。
しかし、道具のにおいは、あははっ。
だが、タバコを我慢するのも修行だぞ。だらだら待つ姿は恥ずかしいよね。
叱り付けてやったら、大会役員から感謝されて、賞状をもらうことはないな。


好き好んで渋滞に突っ込む

そんなことする人を笑っていたんだけど、春休みの土曜日の天神に行ってきた。おどおど走る久留米ナンバーや、道を探しながら人をひきかけてる大分ナンバー、もう俺は馬鹿でーすと交通規則を忘れたゲロゲロのセルシオに爆笑しながら、かかわりにならないように、流れを乱さないように、うまいことクルマを進めた。でも、天神だもんな。歩行者は縁日の夜店を見ながら歩くように、ジグザグに、ゆきつもどりつ、しゃがみこむ、立ち止まる。やれやれ。ビールの発表試飲会の行列に、キャッチセールス、ホームレス、デパートを見にきた善男善女。
用事を済ませると、すぐに脱出する。デモもあって渋滞してたんだね。ちっこいクルマできたのは正解。都心での交通規制は以前バイクでやったように排気量で制限するのも手かも。だめかぁ、でっかいクルマは見せびらかすのが主たる目的だからな。なんてことを考えて、CD1枚聴いてたら高速に乗っていた。

さかなサカナ魚

ラーメン食べたい気分が高まり、小倉から西へとクルマを走らせる。小笠原藩から、黒田藩領へ。しかし、淡くうまいラーメン屋「黒門」は木曜日定休。ここは蕎麦にするかぁと、宿場町黒崎に行くも、「なかばし」も明かりがついていない。まぁいいか。
 某所デザイン事務所を襲撃して、密談をおこなう。ぐふふふっ、面白くなりそう。
そんでもって、ここは魚にしようと、予定変更、官営八幡製鐵所のお膝元、中央町に向かうよ。

八幡東区役所そばの「勝彦」の暖簾をくぐる。
さてと、とりあえず刺身(なんやつなんだ):うまぁいー
たいの煮付け:!
カワハギの刺身:!!
味噌汁、てんぷら、焼き魚(まだまだいくよー):すばらしい。
むしゃむしゃ、ばくばく、たべあげました。
寡黙なご主人が、にっこり、
「それだけ、きれいにたべてもらったら魚もよろこぶね」
ありがたい、随分安くしてもらったよ。
うーん、うまかった。
魚がうまい。

北九州、福岡ではうまい魚がたべられる店がいっぱいある。
八幡東区なら、「勝彦」お勧め。

お持ち帰りラーメンセット

かつて小倉南駅裏の行列のできるラーメン屋としてぶいぶいいわせてた、「一竜軒」
いまは、佐賀県唐津市菜畑4070−2でラーメン好きをうならせている。ここを食べないでラーメンを語るのかとまで言われてる。ぼくはまだ食べていないので、かわいそうにという哀れみと、まだなんだという勝ち誇った目で見られるんだから、くやしいなぁ。
先日も、ちょっと食べにいきませんかと誘われるが、締め切り前なので動けない。なんとか片付けて電話したんだけど「一竜軒」行きのクルマは無常にも高速道の入り口まで走ってた。

北九州 → 佐賀県唐津 100キロちょっと
(関東地方のスケールで言うと、東京タワー → 山梨県山梨市駅前ってとこ)

まぁ、いいさぁラーメンなんだから、あれこれすっぱい葡萄の論理みたいなことを言って、忘れようとしていた。

なんということでしょう。ありがたいことに、意地悪なことに、「一竜軒」お持ち帰りラーメンセットをお土産にいただいた。

説明書と、ラーメンフリークのアドバイスを守り、ストップウォッチで茹で時間を計り、制作する。
期待をもって、いただきます。うーんまい。ぼくがつくったので本来のうまさの半分も出ていないはずだが、うまい。トンコツの深いうまみと、香りがいい。

みごとにやられました、はめられました、これは行かずばなるまい。佐賀唐津「一竜軒」

destroyer

 けっこうしぶとく長く物を使うので、日本経済の活性化に貢献していないかと思おちょったのですが。やっちまいました。USBのフラッシュメモリーを箱から出して3分後には壊してしもうた。使い慣れてる道具なんだけど、軽く書き込み防止の爪を押したら、物理的にボキッと。あまりにあっけないお別れでした。初期不良じゃなくて自分で壊したんだから、笑うしかないなぁ。
 気を取り直して、VineLinux2.6r4をインストールしてたら、こんどはAHA2940AUが調子悪いみたいだ。これまた長く働いてきたカードなのでご苦労さんって礼をいって取り外す。
 こんな日には、計算機の神様にピザをお供えして、腹いっぱい食べて、コーラ飲んで元気を出すのであった

リーダー犬

ケニー、もう何歳になったんだ?指を使って数えてみる11年一緒にいるんだ。

kenny1.jpg

子犬のころ、ペットショップのおじさんから、しつけが肝心です、常に主人の左ひざの位置を歩かせるようにといわれた。あと、人にうれしくて飛び掛らないように、そういうしぐさをしそうだったら足をふんづけてとずいぶん乱暴な、でも簡潔な二つのアドバイスをもらった。あと教えたのは待てぐらいか。

散歩の時もぼくの左を歩く。主人を引っ張りながら気ままに右左に行くことはない。
走るのが好きで、10キロぐらいなら平気で笑ってる。
だいぶ歳をとってきたんで、無理はさせられないなあ。
きつい坂なんかでは、せっかくのそり犬なんだから、引っ張ってもらおうと思うんだけど、やつのポジションは常にぼくの左後方。強い風ふく川沿いの道もぼくが前を行く。
リーダ犬にされてるんだな、ぼくは。

ラーメンリスト私家版(見本)

デイヴィッド・ハルバースタム の「The Best and the Brightest」を(サイマル出版だったかな)128年ぐらい前に読んだ。中身はすっかり忘れてるんだけど、最高の人材をリストアップできる人がでてくるんだ。リストアップする仕事もあるんだと感心したのは覚えてる。で、ぼくの私家版ラーメン:ベストアンドブライテスト序説(北九州)

■関東地方から戻ってきたトンコツを懐かしがる友人にもったいぶって紹介する店。

「来々軒」
北九州市小倉北区宇佐町1-5-14
ぼくの考える北九州ラーメンのオリジン、スタンダードにしてベストとは言わない。
濃いんだけどすっきり伸びるうまみのスープ。

「マルケン」
北九州市若松区宮丸1−4−3
なぜか、福岡、北九州のラーメン好きのWebサイトで人気急上昇。地元よりも一部マニアに受けているかな。淡い中にも濃いうまみが。店主がいい味だしてる。はい650万円のおつり、道中お気をつけてと声をかけてくる。
ぼくは、胡椒抜きでと頼む。350円。

■胃袋に歯が生えてるような暴飲暴食平気な元気な兄さんに。濃いー。骨っぽいよ。

「大福ラーメン」
北九州市小倉南区上吉田5−2−19
実に濃く滋味豊か。
珍龍軒から生まれた店(珍龍軒系というのかな)では、少し違う方向に向かうのかな。

「ラーメン工房 龍」
北九州市八幡西区三ヶ森2-3-28
久留米人が悔しがるほどおいしい久留米系ラーメン
伸びやかでうまみのたっぷりはいった濃いスープがいい。
昼過ぎには売り切れて閉まるのが欠点。

■九州のラーメンを食べてみたいですという、編集部のおねさんと一緒にいく店。

「南京ラーメン・黒門」
遠賀郡遠賀町大字別府4451−3
伸びやかで深い味わいのトンコツ。
はまると大変。まだまだうまくなりそう。仕事熱心の主人を応援しちゃうよ。
フルボディの重く濃いスープを一途に求めるピューリタンには向かない。

「黒木」
北九州市八幡東区尾倉1−4−17
*胡椒抜きと注文しよう。デフォルトだと胡椒の膜ができる(笑)
開店から常連が並び昼ぐらいには閉まる店。
上澄みの油の深い味からはじまり、食べ進むうちに、ぐいぐいうまさが立ち上がってくる。淡い中に強力なうまさがガツンと存在している。
ここも、食べる人の求める味の方向が違うと、まったく合わないかもね。

■ラーメンでも食べましょかと、紀行文を書く作家を誘って入る店。

「八福」
戸畑駅北口から、渡し場に歩いて向かう途中にある。安い350円!うまい。戸畑はチャンポンの街だけど、ここのラーメンはいい。ここも胡椒抜きを頼みましょう。東洋一の釣り橋の話をしてるとすぐに出てくる。うーん、絶品です。あっさりした伸びやかで深みのあるスープと、こしのあるもっちりした麺がいいです。星5つ。 海岸の散歩途中にどうぞ。


そんでもって、そのベストアンドブライテストでアメリカがどうなったんだっけ。

ラーメンは500円で楽しめるけど、500円でここまでがっかりさせるかという食べ物でもあるんだよなぁ。
自分のひいきの店を、繰り返し食べるのが一番いいなと。自分のリストを補完するために一日ラーメン6食ほとんど完食しながら、新しい店を探してチェックするマニア(というかフリークというかナッツというか)のことを思い出してそう思う。

健康保険証がちびぃくなった

近所の幼稚園のよいこたちの間ではやってるらしい言葉なんだけど、ちいさいことを「ちびぃ」と言う。おもしろいので、ときどき使う。無難に済ませたいという意図が見える仕事の話を聞きながら、そりゃ考えがちびぃぜと、言うのさ。

で、健康保険証を交換するからもってきてと社会保険事務所から知らせがきてたんで、先日とりかえにいった。手にしたら、なんともちっちゃい。大きさの次はカルテと連動したり高機能化するんでしょうなぁ。

忘れ物しがちなぼくとしては、この保険証を格納する大き目のホルダーが必要かなと思う。
A5ぐらいの、皮製で。そういうこと言い出すと小型化の意味がないか。
適当に大きいサイズにも、見つけやすいという機能があるんだが。


このアーカイブについて

このページには、2004年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年2月です。

次のアーカイブは2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。